クレジットカード現金化

クレジットカード現金化には金利はかかるのか?

クレジットカード現金化に際して、金利というものがかかるのでしょうか?もし金利がかからないようでしたら、カードキャッシングやローンよりもお手軽に現金化をする事ができそうですが、そういうわけにもいきません。

クレジットカード現金化では手数料をとるところもありますし、還元率というものが金利のようになって支払わなければなりません。

これをきちんと把握しておきましょう。

クレジットカード現金化は金利ではなく還元率


クレジットカード現金化でかかってくるものは、お金を借りるというわけではありませんので、金利ではなくて還元率というものがかかってきます。

この還元率ですが、クレジットカード現金化の仕組みでは、一旦ショッピング枠を使って、そこで何かを買い物して、それを現金に還元してもらうわけなのですが、その時の買い取り差額が還元率としてかかり、これは金利とはぜんぜん違うものになります。

還元率は、その現金化を行う業者の商品によっても異なっており、これによっても還元率が変わってくるのです。

還元率が高い業者は要注意?


還元率は、例えば、一回のショッピング枠の使用について、その現金化に使うための商品ごとに決まっていて、還元率が高いほど、多くのお金を手にできます。

最近ではクレジットカード現金化の還元率が9割というところも珍しくなく、より迅速にクレジットカード現金化もできるようになりました。

しかしながら、その分悪質な業者も増えており、例えば、還元率が10割に限りなく近いというクレジットカード現金化業者は、危ないとも言われています。

還元率が全てなのか?


クレジットカード現金化では、望む金額が現金化出来なければ意味がありませんが、逆に高い還元率で釣る悪徳業者もあったりと、悪質な業者には油断なりません。

そこで、還元率が高くても、口コミなどでも評判のある、確かな実績の現金化業者にクレジットカード現金化をお願いしましょう。

優良業者で、より還元率の高い現金化を目指すという事が大事です。

クレジットカード現金化 還元率(換金率)についてクレジットカード現金化の金利について

クレジットカード現金化サービスを利用する時の注意点

クレジットカードはとても便利ですが、現金が無いと困る場面もたくさんあります。
例えば子供の学費、冠婚葬祭、その他の交際費など。
どうしよう、現金が足りない!
そんなピンチを乗り越えるにはクレジットカード現金化が助かります。
でも色々と注意しなくてはいけないことがあるので、まずはそのポイントを押さえてから実行して下さい。

≪業者選びは慎重に≫
お金が絡むサービスを利用するときには、どうしても悪徳業者に注意しなくてはなりません。
特にクレジットカードは悪用されてしまうととんでもない被害にあってしまうので、業者選びは慎重にならなくてはいけませんよ。
チェックポイントは色々とありますが、特にカードのコピーや番号を要求する業者は絶対にダメです。

≪本当に返済計画は大丈夫?≫
一時は現金化で楽になりますが、数か月後にはカード会社への支払いが待っています。
その返済はちゃんと続けることができるのか、リボにするのか分割にするのかなど、しっかりと計画を立てましょう。
また、多重債務者は自転車操業にならないように注意しましょう。
返済のためによそから借りるという手段をできるだけ使わないようにし、家計を切り詰めて返済に回すのが大事ですよ。

≪自分名義のカードを使って≫
例え家族であっても、他人名義のクレジットカードを現金化することはいけません。
現金化業者でも条件として、「自分名義のカード」を挙げています。
ルールはちゃんと守りましょう。

≪自分でカード現金化をしない≫
クレジットカード現金化業者を利用すると、どうしても手数料分が差し引かれてしまいます。
だからといって自分で現金化しようとするのは危険ですよ。
還元率がいいものといえば新幹線の回数券などが挙げられますが、このような商品を対象にカードで購入してしまうと、カード利用停止・一括弁済を要求されるという最悪の事態を招いてしまいます。
ヘタに自分で動くよりも、プロに任せた方が安心ですよ。

クレジットカード現金化とキャッシングの比較

クレジットカード現金化とキャッシングには、共通点があります。
それは、現金を用意できるという点です。
だから、どちらも現金が足りなくて困ったときには活用することができますね。
では、一体どのような点が違うのか、比較してみましょう。

≪現金化は現金を借りるわけではない?≫
クレジットカード現金化は現金を借りるわけではないという点が、キャッシングとの大きな違いです。
現金を用意できるため勘違いしている人も多いのですが、あくまでもクレジットカードのショッピング機能を使って買い物し、その商品を現金化業者に買い取ってもらってお金を作るのです。

だから、商品を仕入れて売ることと流れはあまり変わりませんよね。
商品を仕入れるために使ったお金はクレジットカードから借りているので、当然支払いはカード会社にします。
実際には商品を仕入れているわけでは無いので利益はでず、現金化業者に手数料を支払ってサービス利用します。

キャッシングの場合には、ダイレクトに金融機関から現金を借ります。
間に現金化業者のような第三者が介入することはなく、返済は直接キャッシング会社へ行うだけで済みます。

≪キャッシングにはないカード現金化のメリットとは≫
クレジットカード現金化はカード会社に支払う金利に加えて、現金化業者に支払う手数料も発生します。
現金化業者とのやり取りも面倒なので、お金が借りたければキャッシングを利用すればいいと思いがちですよね。

でも、現金化はキャッシングが利用できない人でも、クレジットカードのショッピング機能さえあれば現金を用意できるんです。
キャッシングが利用できないのに現金を用意しないといけない、そんな困った人のためにクレジットカード現金化サービスはあるのです。
キャッシング機能はどうしても使いたくないという人にも向いていますね。
気になる手数料も良心的なところであれば5%ぐらいに抑えていることもあるので、困った時には本当に助かります。

...