クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の審査について

お金を借りるときに必要になるのは、審査です。
でも、カード現金化は新規借入をするわけではないので、審査なんて必要ありません。
ただし不正を防ぐために、申込み時にいくつか確認事項があります。
クレジットカード現金化を利用する時に必要な確認事項はどんなものなのか、金融機関の審査が無いことについてのメリットなどについて考えてみましょう。

≪審査が無いから気楽≫
クレジットカード現金化はあくまでも今所持しているカードを利用するので、新しく融資の申し込みをするわけではありません。
ですから、利用可能なクレジットカードさえあれば誰でも利用ができます。

金融機関のキャッシングなどを利用すると、信用情報機関に登録されることはよく知られています。
支払い遅延などが続けば不利な情報として残り、ブラックリスト扱いされることもありますね。
そのことが原因で新しいキャッシングの申込みができなかったり、ローンの審査に通らなかったりします。

その信用情報機関に登録される情報なんですが、実はローンやキャッシングに申込んだだけでも登録されるんです。
その後審査に通過するかどうかは関係なく、申込みがあった段階で登録されます。
そしてその情報は、約3ヵ月間残ります。

クレジットカードの現金化は金融機関への申込みではないので、利用だけではなく申込み情報も信用情報機関に登録されることはありません。
だから気楽に利用ができるんですね。

≪現金化申込み時の確認事項は?≫
いくら審査が無くても、申込み時にはいくつか確認することがあります。
まず、利用するカードが偽造ではないか、人の名義ではないかということです。
そのために、カード現金化利用時には身分証明書のコピーを提出するよう求める業者もあります。
身分証明書の提示に抵抗を持つ人もいますが、偽造カードなどが問題になっているので、仕方ありません。
むしろちゃんと確認する業者こそ、安心できる業者だとも言えますね。
 
...