クレジットカード現金化

クレジットカード現金化 還元率(換金率)について

クレジットカード現金化を業者に頼むと、手数料が取られます。
その手数料がいくら掛かるのかは、還元率と言う言葉で示されています。
別名換金率とも呼ばれますが、一体どのくらいかかるんでしょうか?

≪業者によって異なる還元率≫
還元率とは、カード利用した分のどのくらいが現金化できるかという割合のことです。
10万円カード決済して10万円現金化できたなら、100%の還元率ということになりますね。
ただし、クレジットカード現金化業者も商売ですので利益を得るために、手数料を取ります。
もし還元率が90%となっている場合は、10%分が現金化業者の取り分で手数料になります。

還元率の設定は業者によって異なり、80%ぐらいから98%まで様々です。
還元率が高ければ高いほど利用者にとってお得になります。
しかし、あまりにも高過ぎる設定をしている業者は別に手数料を取るなど悪質なことをしている場合もあるので、注意しましょう。

≪利用金額によっても異なる≫
クレジットカード現金化の還元率は85%ぐらいでも別に珍しくありません。
ちゃんと営業している業者でも、そのぐらいの設定をしている業者も多いですよ。
少しでもお得に利用したいという気持ちから高還元率の業者に目がいきがちですが、利用金額や条件によっても異なるんです。

例えば、サイトに「還元率最高95%」と記載しているA社の場合、詳細を良く見てみると30万円以下の利用だと90%なんです。
法人カードプランだともうちょっと還元率はよくなって、92%になります。
最高95%で利用したい場合は、101万円以上で法人カードプランの利用が必要です。
業者によっては即日振込の場合は還元率が下がり、数日後の振込の場合は還元率がアップすることもあります。

高還元率なんていっていたのに分かりづらいと思うかもしれませんが、それでもA社は90%以上の高還元率ですし、詳細を公開しているので非常に良心的な業者です。
還元率で比較して業者を選ぶ場合は、ちゃんと詳細をチェックしなくてはいけませんね。
 
...