クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の仕組み

お財布ピンチのときに助かるのが、クレジットカード現金化です。
上手に利用するには、その仕組みについて学びましょう。

≪現金化の仕組みの基本≫
通常、現金を用立てようとするなら、キャッシングをしますよね。
でも、事情があってキャッシングが使えないとします。
そんなとき手元にショッピング枠の空いたクレジットカードがあるなら、現金化ができます。

利用者は現金化業者の指示に従って、クレジットカードで商品を購入する手続きをします。
その商品価格から手数料分を差し引いたお金を利用者に振り込んで、現金化ができるのです。
利用可能額は、ショッピングの利用可能額の範囲内です。

≪買い取り型≫
クレジットカード現金化は、主に2種類の方法に分けられます。
そのうち買い取り型は、カード決済で購入した商品を業者に買い取ってもらうことで、現金化するサービスです。
来店してサービス申込みをするならその日のうちに買い取りが完了して、現金化ができます。

しかし、ネットや電話での申込みの場合は、いったん商品を受け取って郵送するなど面倒な手間があり、その分のタイムロスがあります。
また、クレジットカードの支払いが終わらないうちに転売してしまう行為はカード会社の規約に違反してしまうため、そこをつつかれてしまうとカード利用停止の恐れがあります。

≪キャッシュバック型≫
キャッシュバックが付いている商品を、カード決済で購入することによって現金化する方法です。
法律的に問題は無いのかが心配になりますが、不当景品類及び不当表示防止法のもれなく型は、商品価格の10%以上のキャッシュバックをしていいことになっています。

送られてくる商品は実際にはアクセサリーや書籍など、利用者にとって価値の無いものばかりですが、金額は利用者の希望額で設定されます。
30万円分の買い物をして90%の還元率であれば、27万円が手元に入ってきます。
そして後日30万円の商品が送られてきますが、それだけの価値は無いと思われます。
キャッシュバックがある商品を購入したという形なので、業者へ商品を送り返す必要はありませんよ。
 
...