クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

カード現金化に必要なのは、最低でも自分名義のクレジットカードです。
一時的に現金化でお金を手にしても、後からカード会社へ支払いをしなくてはいけないので、計画的な利用が必要ですよね。
支払い困難になってしまわないように、まずはクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠について考えてみましょう。

≪ショッピング枠とは?≫
現金の代わりにクレジットカードを提示して決済するのを、ショッピング機能と呼びます。
日用品や洋服、レジャーなどありとあらゆる加盟店でカード決済が利用できます。
カード決済を受けたお店はカード会社から商品やサービス利用分のお金を支払ってもらいます。

そしてクレジットカードの持ち主は、カード会社に利息を含めて立て替えてもらった料金を含めて支払います。
ショッピング枠というのは買い物ができる金額の範囲で、枠が30万円ならその範囲でカード決済ができます。
1回払いは利息が付きませんが、分割払いやリボ払いになると金利が高くなります。

≪キャッシング枠とは?≫
クレジットカードのメインは、ショッピング機能です。
しかし、ほとんどのカードにはキャッシング機能が付いています。
キャッシング機能とはそのまま現金を借りられる機能のことで、利用枠の範囲内で借りられます。
ショッピング枠に対し利用可能額は少なめに設定されており、金利も高めになっています。

≪ショッピング枠を現金化する意味≫
キャッシングの枠は少なめなので、ちょっと利用するとすぐに利用限度額いっぱいになってしまいます。
思わぬ出費というものは重なるもので、キャッシング枠を使い果たした後にもまたお財布のピンチがやってくることも多いですよね。

そんなとき、まだ利用可能額に余裕があるショッピング機能なら、当座のお金を用意することができます。
ほとんどの場面でクレジットカードは利用できると思われますが、冠婚葬祭などはさすがにカード決済するわけにはいきません。
こんな風に、ショッピング枠の現金化は役に立つんですよ。
 
...