クレジットカード現金化

クレジットカードの現金化はどのような仕組みで行われているのか。

世の中にはクレジットカードを使って現金を調達するという方法が出回っています。いわゆるクレジットカードの現金化です。
では、いったいそれはどのような仕組みで行われているのであろうか?

クレジットカードを所有している人であれば、ショッピング枠とキャッシング枠というものが存在しているのはご存知でしょう。本来、ショッピング枠は買い物をする際に使用できる金額を決めたものであり、キャッシング枠が現金を借り入れする為のものであります。ですので、クレジットカードを利用して現金を借り入れするのには正式にはキャッシング枠から利用されます。
ですが、このクレジットカードの現金化というものは、カードのショッピング枠を利用して行われます。

仕組みを簡潔に説明するのであれば、カード利用者がショッピング枠で購入した品を、業者が買い取り、もしくは利用者が転売をして現金に換えるというものです。
詳細に説明を加えていくと、ここ数年で、インターネット上や街中で”クレジットカード現金化しませんか?”といった広告を見かけないでしょうか?これは、まさに上記の事を指し、それを促している業者になります。現金化をしている業者は、利用者に対して、とても他では価値の付く様なものでは無い様なものをカードのショッピング枠で売りつけ、その購入金額の○○%を現金でキャッシュバックするといった方法であったり、その売りつけた品物をもう一度現金にて買い戻すと言った方法を利用して、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えているのです。また、業者自身はカード会社から支払われる金額と、利用者からの差額とで利益を出しているのです。
仕組みだけで考えた際に「なるほど」と声が上がりそうですが、果たしてこれは違法な行為にはあたらないのでしょうか?

残念ながら、今の日本の法律ではこういった業者を取り締まるのが難しい状態になっています。とても良識のある行為ではありませんが、違法にならない限りなくグレーゾーンな状態なのです。
クレジットカード現金化の仕組み
 
...